借入とシュミレーションについて

現在、キャッシングやカードローンのサービスを利用すれば、いつでも必要な現金を手軽に借入する事が出来るようになっています。
利用をする際、担保や保証人を必要としない事でも人気です。
ただ、必要となる利息が気になるという人も少なくないでしょう。
キャッシングやカードローンの利息というのは、書かれている年率と借入金と期間から計算していく事になります。
この際使われる年率は、4.7%から18%等、幅を持って書かれています。
その年率を見て、4.7%等、低い年率で借りたいと考える人は少なくありませんが、これらは借入金額によって決まる事になります。
50万円間で等、少額の利用の場合、18%等、高い金利が採用される事になります。
そして、この金利というのは、そのままの金額を金利にかけて計算するのではなく、借入をする期間や、返済方法によって大きく変わってきます。
現在、主流となっているリボ払いでの返済は、月々定額で便利な返済方法ですが、金利の計算方法は少し難しくなります。
そんな金利計算を、手軽に行う事が出来るのが、業者のサイトにある返済シュミレーションです。
返済シュミレーションを利用すれば、難しい金利計算も簡単に行う事が出来ます。
利息についての不安がある場合、まずは返済シュミレーションを利用して、必要な利息をしっかりと計算しておくと、安心して利用する事が出来ます。
追加で利用する際も、返済シュミレーションを利用しておく事で、安心して利用する事が出来るようになります。

お金を借りる前に必ず行うべきことがシュミレーションなのです。
自分の返済能力はどのくらいか知っておかなければ、妥当な借入額と返済額は見えてきません。
100万円の返済能力の方が150万円借りてしまえば、確実に返済できなくなります。
最初のころは問題なく返済ができていても、いずれ行き詰まることになるでしょう。

シュミレーションで最も大切なポイントは、返済できる金額なのです。
先に借入できる金額を決める方がいますが、借りられる金額が返済可能な金額とは限りません。
貸金業者は申込者が返済不能な金額を融資することもあるのです。
総量規制により融資額は年収の3分の1以内とされていますが、3分の1以内だから無理なく返済できるとは限りません。
その他のローンを利用しているケースもあるでしょうし、ローンはなくとも家計が厳しいかもしれません。
漠然と自分の給料ならこのくらい借りてもいいだろう、などと決めてしまうと失敗するのです。
借入額を先に決めるのではなく、まずは無理なく返済できる計画を組み立てます。
ローンのシュミレーションというのは、完済することを前提として行うものです。
完済できずに返済が行き詰まれば、延滞した分の損害金が発生してしまうのです。

無理なく返済できる金額がわかったら、必ずその範囲内で借りるようにしましょう。
沢山借りても返済するのが大変になるので、節約して家計を圧縮し、最小限の借入で済むようにしましょう。
借りる金額が少ないほど、返済するときになってよかったと思えるものです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

借入とシュミレーションについて関連ページ


このページの先頭へ戻る