年収が低くても借入はできる

消費者金融のキャッシングでは、年収が低くても関係なく借入をする事が出来ます。基本的に、キャッシングの審査基準には年収が一定以上の金額を満たしていないといけないなどと言ったものは存在しません。むしろその逆で、最低限の年収さえあればそれだけで借入をする事が可能です。これは、貸金業法という法律で認められていることなのでたとえ正社員でなくてもアルバイトで収入を得ていればお金を借りることが可能なのです。
ただし、キャッシングで借入をする時には一つだけ忘れてはいけないことがあります。それは、年収を基準として融資の上限額が存在することです。キャッシングでは確かに職業を限定するような規定は存在しないのですがそのかわりに年収を基準として上限額を設けることによって融資の安全性を担保している側面があります。そのため、一定のお金を借りたときにはそれ以上のお金をもう借りることが出来ないという制約があるのです。これには年収の三分の一という明確な基準が存在するため、融資の申請をするときには必ずこの上限を満たしていないかをチェックしなくてはいけません。
また、この三分の一という基準は全ての貸金業者を含めた会社となっています。一つの会社だけではなく全ての会社を含めて三分の一が限界なので、一つの会社で年収の三分の一を満たす借入をしているときには他の会社ではお金を借りることは出来ません。
キャッシングの借入をする時にはこの点だけしっかりと理解しておきましょう。

キャッシングやカードローンを利用する際に、重要になってくる事の一つに、年収があります。
銀行の場合、しっかりとした収入がある方が、審査に通りやすい状態となります。
消費者金融の場合も、収入が多い方が審査に通りやすい状態となりますが、消費者金融の場合は、収入は借入できる金額にも大きく影響をしてくる事になります。
消費者金融は、年収の1/3を超える金額の借入が出来ないという、総量規制の対象となります。
銀行の場合、この総量規制の対象にならず、借入の上限は、銀行が定めている限度額までの範囲内となります。
ですから、年収の1/3を超える金額も、借りる事が出来る可能性があります。
それに対して、消費者金融の場合、総量規制の対象となる為、収入が少なければ、限度額も低くなる事になります。
審査を受け、いきなり現在の収入の1/3にあたる金額を借りる事が出来る訳ではなく、それよりも低い金額が限度額として設定される事が殆どです。
ですから、現在の収入が少なければ、借りる事が出来る金額はそれだけ少ない状態となります。
審査の際、審査に通りやすい状態を作りたい、少しでも多くのお金を借りたいと考え、年収を高めに記入したいと考える人は珍しくありません。
ですが、虚偽の申告した場合、その事が発覚すれば、その人は信用がない人とみなされ、借入が出来ない原因となってしまいます。
ですから、新sなの際の年収は、正しく申告をしていく事が大切です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

年収が低くても借入はできる関連ページ


このページの先頭へ戻る