借入をするときのメリットとデメリット

お金の借入をすることには、メリットとデメリットがあります。利用する前にどちらの影響が大きいのかしっかりと検討し、なるべく利点の方が大きい場合に利用するのがおすすめです。

借入のメリットとしては、お金が必要な時にすぐに手持ちの資金を増やせるという点があげられます。例えばどうしても買いたいものがある場合、お金を持っていればいいのですが、足りないのであれば買うことはできません。そんな時でも借り入れをすることで自由に使えるお金が増えることになりますから、欲しいものを逃さず手に入れられるのは大きな利点です。知人や家族などにお金を貸してくれないかと頼むことで、関係を悪化させる恐れがない点もメリットといえます。親しい仲と言っても、お金の貸し借りが発生するとトラブルも生じます。大切な友人などをなくさないためにも、借入を積極的に利用したいものです。

一方、借入のデメリットもいくつか存在します。借りる際に発生する、金利などがその例です。通常お金を借りると、返済する際に金利分が加算されて請求されます。この金利というものが意外に高く、借りる金額が多くなったり、借りている期間が長くなるほど金利も増えてしまいます。ほんの少しの期間だけ借りようとしても金利分だけ損をすることになるため、注意が必要です。このデメリットへの対策としては、なるべく金利が低いところから借りるようにすることです。小数点以下のささいな違いでも、返済額はかなり変わってきます。常に意識して、少しでもお得なところを探すようにしてください。

カードローンを持っていて借入をしているとさまざまなメリットとデメリットがあります。
借入なのでもちろん金利がかかってきてしまい、毎月借りていた金額に金利を上乗せして返済しなくてはなりません。この点はデメリットですが、お金がないときに緊急的に融資を受けられるのは大きいメリットです。特にカードローンを持っているかいないかで、気持ちの余裕にも差が出てくるでしょう。
借入は借りている分以上に支払わなくてはならないのをデメリットと書きましたが、考え方によってはそれ以上にメリットとなるケースがあります。それはしっかり利用履歴を蓄積させ、延滞することなく支払いを続けていた場合、自身の信用情報にプラスに作用することがあるのです。何かクレジットカードや別のローンを組むとき、他社での利用履歴があるかないかでは大きく審査に影響を与えることがあります。若いうちはそうでもありませんが、年を取ってからカードを作る場合は重要度が増してきます。利用履歴が良好であれば、低い金利で融資を受けることができるようになることもあります。100万円以上の借入の場合は上限金利が15%以下と定められていますから、最初から大きい枠を貰えればそれだけ低い金利で契約することができるのです。さらに大きい枠で信用度が高ければ、金利は徐々に切り下げてもらうことが可能です。特に極度型ローンの場合は限度額の増額依頼や金利の引き下げ交渉をすることができるので、定期的に借入先と会話をすることが大切です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

借入をするときのメリットとデメリット関連ページ


このページの先頭へ戻る