借入と返済方法について

キャッシングやカードローンを利用する際、しっかりと意識しておきたいのが、返済方法です。
借入をしたら、そこから返済が始まる事になります。
返済の際は、借入金と利息を合わせて返済をしていく事になるのですが、その割合は、返済方法によって変わってきます。
現在、主流となっている返済方法は、毎月5千円等、定額を返済していくリボ払い方式です。
毎月、一定の金額を返済していく事になるので、しっかりと元金が減っていくと考える人は少なくありませんが、この返済方法は、返済額の内訳が毎月変わる事が一般的です。
最初の頃は、5千円を返済しても、その半分程度は利息の支払いとなっており、毎月5千円ずつ返済をしているつもりでも、実際は、その半分程度しか元金が減っていない状態となります。
元金が殆ど減っていない状態という事は、完済までに多くの期間がかかる事になります。
キャッシングやカードローンの利息というのは、借入期間が長い程、多くの利息が必要な状態となります。
ですから、リボ払いというのは、毎月返済をしているようで、元金は殆ど減らない上、多くの利息が必要となる可能性が高くなります。
毎月、定額の返済は、毎月の負担が少ないというメリットがありますが、気がつけば多くの利息を支払っている可能性があります。
この状態を避けるには、繰り上げ返済や、一括返済等、少しでも早く返済をしていく事がお勧めです。
それにより、少ない利息で住む状態となります。

クレジットカードやキャッシングなどでお金を借りた場合、返済の際には複数の返済方法から一つを選択することになります。
現在、そうした借入の返済方法として主なものには毎月決まった時期に規定回数で分割分の代金を返済する分割払いと、毎月一定額を返済し続けるリボ払いのどちらかから洗濯することになるでしょう。
では借り入れの返済方法としてはどちらを選ぶのがベターなのかというと、これは借入をした本人が自由に決めるべきです。
借入額が膨大になるという場合、リボ払いを選ぶのはあまり良い選択にはならないでしょう。
これはどうしてかというと、リボ払いというのは毎月支払うことになる一定額で返済額を割り、返済額がゼロになるまで返済をしていかなくてはなりません。
ここで考えておきたいのが「利息は返済期間が延びるほど大きくなる」ということです。
分割払いの場合は自分で何ヶ月で返済をするかということを定めることができますから、利用者は毎月の返済額が変わることでそれをなんとなくでもイメージすることができます。
例えば5万円借りて10回分割返済をするときに返済額が5500円になるというような場合だと、毎月支払う利息は500円だとイメージすることができるでしょう。
ですがリボ払いの場合、毎月の支払額は変動しないわけですから「お得に返済できている」という勘違いを招くことがあるのです。
現実としては完済までずっと利息が発生し続けるわけですから、借入額が膨大なほど利息も大きくなっていってしまうのです。
借入の際にはこうした特徴をしっかり押さえ、返済方法を選ぶようにしましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

借入と返済方法について関連ページ


このページの先頭へ戻る