借入※フリーターや派遣のケース

貸金業者に借入を申し込んだ場合の職場への在籍確認の電話は、申込者が派遣社員であってもフリーターであっても当然行われます。
では、申し込むにあたって、実際は派遣やフリーターであっても正社員と書いた方がいいのかというと、それは避けた方がいいでしょう。在籍確認の電話で、貸金業者の担当者が、職場の人に対して個人名を挙げて、この人は本当に正社員ですかと聞くことはまずありませんが、もしなんらかの理由で派遣、あるいはフリーターということがわかってしまったら、申込書に虚偽記載があるということで、審査で大幅にマイナスになってしまうことがあり得るからです。借入は正社員しか出来ないというわけではなく、非正規雇用者でも可能なので、トラブルを防ぐためにも正しく書いた方がいいでしょう。
では、たとえばいくつかの職場を掛け持ちしているフリーターの人は、勤務先としてどの職場を書けばいいのでしょうか。これは基本的に、もっとも労働時間が長い職場にしておくのがいいでしょう。というのは、長くいるということはそれだけその職場に電話をすれば連絡が取りやすいということだからです。ただ、いつから働いているのかを重視した方がいい場合もあります。というのは、非正規雇用者の場合、同じ勤務先で出来るだけ長く勤めていた方が審査では評価されて、借入しやすくなるからです。また、昔からいる職場であれば、職場の人にカード会社から電話があるということも言いやすいので、そういう点でもメリットがあります。

お金を借りられるサービスはいろいろなものがありますが、その中でも多くの人たちによく知られており、利用者の数が多いのが消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンです。
キャッシングやカードローンは手続きの簡単さと、実際にお金が借りられるまでのスピードがはやいというのが特長となっています。しかし、キャッシングやカードローンに申し込みをしたからといって必ずしもお金が借りられるというわけではなく、各消費者金融や銀行ごとに設けられている所定の審査に通過する必要があります。
キャッシングやカードローンでは住宅ローンなどのように多額のお金を借りるわけではないため、審査は厳しいものではありません。しかし、キャッシングやカードローンの審査に通過するためには絶対にクリアしておかなければならない条件というものがあります。
その条件とは安定した収入なのですが、この収入という条件は借入をしたお金の返済に密接に関係してくるものなので、返済に行き詰ることのないような収入がなくては借入審査に通過することはできません。借入審査に通過するには安定した収入がなくてはならないのです。
そのため、借入審査では収入だけではなく、職業も審査の対象となっています。たとえば、収入の安定しない日払いとして働いている人の場合、審査に落とされる可能性は高くなります。ただし、派遣やフリーターとして働いている人の場合にはやや条件が異なり、たとえ派遣やフリーターとして働いていたとしても収入が安定しているのでれば借入審査に落とされる心配はありません。ただし、借入審査では派遣やフリーターとして働いている勤務先へ在籍確認が行われることになります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

借入※フリーターや派遣のケース関連ページ


このページの先頭へ戻る