学生でも借入できる方法とは

ゼミの合宿やサークルの旅行などイベントごとが多く、アルバイトをしていても支出に追いつかない学生も多いのではないでしょうか。人生で1度しかない学生生活をお金の心配もなく過ごすためにあるのが、学生ローンです。同ローンはその名の通り学生を対象とした借入方法で、通常の借入ですと未成年であれば申し込み対象外のところ、18歳以上で学生証を提示できかつアルバイトをしている方であれば借入申し込みができる会社がほとんどです。
借入の際に親や家族への通知があるのではということを心配される方が多いですが、同ローンは原則的に保証人は一切不要で、前述のように学生証とアルバイトの有無確認とその収入のみで審査が行われます。融資を受けたあとに何度も返済を忘れたり、滞った場合以外にはよほどのことがない限り親や自宅への連絡は無いとみて大丈夫で、審査の結果通知も電話やメール連絡といった方法を選べるのはもちろん時間帯も指定できることがほとんどです。そうは言っても不安が残る方は事前に金融機関に相談と確認をすると良いでしょう。
気になる借入できる金額は当然とも言えますが通常の社会人向けのローンと比べて低額で設定されています。多くの金融機関で10万円までと設定しているところも多いので、ダブルスクールの学費など大きな出費のために備えるのであれば早めに別の方法を相談した方が良いです。最後に金融機関にもよりますが、学生ローンの借入枠を卒業してからも使えるという場合もあります。その際長年の利用者ということで金額や金利面で有利になる可能性もあるので、卒業後にどう変わるのかも合わせて見ておくと安心です。

学生でも何かとお金は必要となりますが、お金が足りなくて消費者金融からお金を借入をしようとする場合には、基本的に収入が無ければならないです。
そのために、収入が無い学生だとお金を借入する事は出来ないです。
ただ、収入さえあれば学生であろうとも消費者金融にとっては利用者の一人であるためにお金を貸してくれる所もあります。
中には学生を対象とした消費者金融も存在しています。
学生が借入をしようとする場合には、条件としてアルバイトなどをしていて収入があること以外にも、20歳を過ぎている事が条件となっている場合が多いです。
高校生の場合はお金を借りるのは難しいですが、大学生でアルバイトをしていて20歳を過ぎていれば、消費者金融からお金を借りる事はそれほど難しくはないです。
お金を借りる事は出来ますが、社会に出ている一般的な大人と同様の扱いとなるので、その点はしっかりとする必要があります。
期日が過ぎているのに返すのを忘れていたら、笑ってごまかすなどといった事は出来ず、それに見合った延滞料を支払う必要がありますし、悪質になると訴えられる事も考えられます。
だからこそ計画的にお金を借りる必要があり、きちんと決められた契約内容に従って返済をしなくてはならないです。
必要な時にお金を手軽に借りられるというのは便利ではありますが、安易にお金を借りると借金地獄にハマってしまう事もありますので、無理なく返せる範囲でお金を借りるようにすべきです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

学生でも借入できる方法とは関連ページ


このページの先頭へ戻る