外国人が日本で借入れするために

外国人は日本国内の金融業者から借入れができないと思ってる人もいますが、決してそんなことはありません。
日本に滞在している外国人であっても、必要な条件を満たしていればちゃんと借入れすることができます。
その必要な条件とは、まず第一に、日本国内で在留が認められていることを証明できる書類を提出することです。
在留証明書とは、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書などですが、これらの書類を提出しなければなりません。
また、仕事を行い、安定した収入があることを証明する必要もあります。
この点は日本人と同じ条件ですが、パートでもバイトでもいいので、とにかく働いて一定の収入があることを示す必要があります。
消費者金融の場合は特に重視されるのが安定収入なので、この点をしっかりアピールすることができれば審査に通る確率を高めることができます。
さらに、外国人が借入れをするためには、日本語をある程度理解しておく必要があります。
これは契約書に納得する必要があるからですが、日本語が分からないと契約書を読むこともできないので問題があります。
完璧にマスターする必要はありませんが、最低限、契約書の内容が理解できる程度には日本語をマスターしておく必要があります。
また、在留資格の残り時間の長さも審査に関係してくることを覚えておくといいでしょう。
つまり、ただ在留資格があるだけではなく、その残り時間が長いほうが審査に通る可能性が高いということです。

外国人が銀行で融資を受ける場合、一定の要件を満たせば借入が可能となります。
金融機関によって審査基準に違いがありますが、日本国籍であれば借りる人の素性が分かりやすいことから審査がしやすいとは言えます。
ただ、日本人であれば簡単に借入ができるのかと言えば、銀行融資の場合、それなりの調査を経て、担保や保証人設定を行わなければ借入ができません。
また、過去に返済事故を起こした人や債務整理経験があるなどすれば、融資されないことは当たり前です。
銀行融資には、住宅ローンなどの長期融資や事業者相手の運転資金、企業向けの大口融資など様々な方法がありますが、比較的中長期での貸出しのため、貸し出し金利は低めに設定されていますが、一方で、銀行が取り組むカードローンは同じ融資でありながら、短期での貸出しと少額の融資を行うサービスで、大抵の場合は外国人であればカードローンによる借入がスピーディーな貸し出しとなるでしょう。
2つの融資概念の違いは、金利水準や貸し出し期間、貸し出し金額であり、カードローンの借入となると金利が高めに設定されます。
しかしながら、カード機能に搭載されたローンであるため、審査がスピーディーで借入完了までの時間が短く、保証人設定も必要ない場合が多いでしょう。
外国人でも、日本に住んで長く住んでおり、一定の不動産や金融資産などがあれば、融資がスムーズに実行されます。
銀行は、融資相手に返済が十分に可能か不可能かを判断するもので、その条件に合っていれば貸すことを惜しみません。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

外国人が日本で借入れするために関連ページ


このページの先頭へ戻る