借入を断られる、出来ない理由について

キャッシングやカードローンを利用する為に、必要となってくるのが、審査です。
審査では、その人に本当に返済能力があるかどうかを、確認していく事になります。
キャッシングやカードローンの利用には、借入をしたいと考えている本人に、しっかりと返済をしていく事が出来るだけの収入がある事が条件となっています。
年収がしっかりとあり、雇用形態が安定しており、勤続年数が長い程、信用が高く、利用しやすい状態となります。
ですが、年収や雇用形態、勤続年数等に特に大きな問題がないのに、断られるという事も珍しくありません。
大きな問題がないのに断られる、借入が出来ないという場合、信用情報に傷がついている可能性があります。
信用情報は、借入や返済に関する様々な情報がリアルタイムで記入されているものです。
ですから、それまでにキャッシングやカードローンを利用していなければ、何も記入されていない、問題はないと考える人も少なくありませんが、それ以外にも記入されている情報があります。
それが、携帯電話の料金の支払いや奨学金の返済等です。
支払いをしっかりとしていない、返済の遅れがあるという場合、その事が原因で断られる可能性があり、それにより借入出来ない状態となります。
その場合、いつまでも借入出来ないかといえば、そうではありません。
これらの情報は、2年程度で消える事になるので、2年程度、支払いや返済の遅れがない状態にする事で、綺麗な信用情報に戻り、借入が出来るようになります。

銀行や消費者金融からは希望すれば誰でもお金を借りられる訳ではありません。必ず所定の審査を通貨する必要があります。審査基準は業者によって異なりますが審査ポイントは概ね同じですので、借入を申し込む場合は審査ポイントを押さえておきたいです。
個人でカードローンなどを利用する場合は、必ず安定した収入が必要となります。もし安定した収入が無ければカードローンは利用出来ないです。ただし正社員である必要はなく、パートやアルバイトをしている人でもカードローンを利用することは可能です。
職に就いて安定した収入があるにも関わらず借入を断られる場合があります。それは申込人の信用情報に問題があるからです。既に他社で複数の借入を利用している場合は新規の利用を断られることがありますし、過去に返済が遅れたなどの履歴が残っていれば利用出来ない可能性があります。
一度に複数の申込を行った場合も、利用を断られる場合があります。業者側は信用情報機関の信用情報を照会すれば、申込人が他でも借入の申し込みを行ったかどうかということを知ることが出来ます。その結果、複数の借入を申し込んだ事実が判明すれば、申込人の資金状態を不安視して利用を断ることがあります。また直近に他社での審査に落ちて借入が出来なかったことも、審査に影響することがあります。信用情報の申込情報は6ヶ月間残りますので、もし一度審査に落ちてしまいますと6ヶ月間は他社でも審査が通り難くなってしまい新規の借入が出来ない可能性があります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

借入を断られる、出来ない理由について関連ページ


このページの先頭へ戻る